注目の記事 PICK UP!

加齢と肌のお手入

年齢に応じた肌のケアを行うには

近くで見つめられると、ついハッとしてしまう・・・。これは年齢肌の気になる女性には多くみられることですね。ファンデーションでしっかりと隠したつもりでも、顔の毛穴は気になってしまうものです。

毛穴はいきなり開くものではなく、本来締まっている毛穴に、ファンデーションや皮脂などが混ざって詰まることによってだんだんと開いてきてしまうのです。

毛穴に詰まった汚れが酸化し固くなってしまうと、汚れのなかでも大変しつこいとされる「角栓」となってしまいます。

毛穴のゆるみは、顔全体の表情をガラリと変えてしまいます。肌は目に見えてたるんでしまいますし、肌のキメはとても荒く見えてしまうのです。

こうなってしまう前に、日々のお手入れで毛穴の目立ちを予防していきましょう。

毛穴に汚れの詰まった状態では、毛穴を引き締めるのは不可能です。毛穴のケアにはまず、お顔の汚れを綺麗に取り去ることから始めましょう。

洗顔を重ねるばかりでは、頑固な角栓を落とす事が出来ません。ですのでここで、顔のオイルマッサージをお勧めします。

お手持ちのオイルを渇いた顔に塗り広げ、両手で温めながら優しくマッサージしてみて下さい。小鼻や鼻の頭、Tゾーンなどは特に念入りに、指の先で円を描くようにクレンジングします。

マッサージは5分位が目安です。あまり皮膚をこすると表皮が傷ついてしまうので、このくらいの時間で終わらせてあげましょう。

オイルで毛穴汚れを浮かせたら、今度は洗顔です。べたつきの残らない程度にしっかりと洗顔をしてくださいね。

これを週に一度位のペースで継続するようにしましょう。だんだんと毛穴がすっきりして、引きしまったお肌を実感できますよ。

酸素と美容の意外な関係

生命を維持するにあたって、人間には呼吸が欠かせませんね。酸素は体内に取り込まれた後、その少量が「活性酸素」というものへ変化します。

活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があります。善玉活性酸素は体の抵抗力を維持したり、体内の不要なものを吸着したりと体に良い影響を与えるのですが、悪玉活性酸素は細胞を破壊するので、年齢肌に悪影響を及ぼします。

この、悪玉活性酸素は生活の中の様々な原因によって作られるのですが、主たる原因はストレスと紫外線です。

現代には様々なストレスが満ちており、完全に無くすことは難しい事ですね。体内の悪玉活性酸素が増えてしまわないよう、年齢肌のためにはできるだけストレスをためずに生活をしたいところです。

悪玉活性酸素は体内の物質と結合して酸化し、その酸化物が肌の大敵となります。これを阻止するには、悪玉活性酸素の酸化を妨げる「抗酸化作用」というものが必要となります。

抗酸化作用のある物質を体内に取り込むことで、悪玉活性酸素による酸化を防ぐのです。

抗酸化物質として有効で、かつ摂取しやすいのがビタミンCです。ビタミンは年齢肌に元気を与えますし、歳を重ねたお肌には不可欠な栄養分ですね。

手軽に、かつ継続的に摂取するには、イチゴやみかんなどの果物を食べる事をお勧めします。サプリメントで摂取する方法もありますが、吸収率を考えると、自然食材からの摂取が望ましいでしょう。

肌に効くビタミンCをよく摂るようにして、できるだけストレスをためずに生活することが、美肌創りにはお勧めです。

肌荒れ原因No.1

乾燥や加齢など、様々な原因によって肌はバランスを崩しがちです。肌荒れに悩む女性はとても多く、ほぼすべての女性が肌荒れに悩まされていると言っても過言ではないでしょう。

では、どうして肌は荒れるのでしょうか。

肌は常に外気に晒されているため、肌をとりまく環境は刻々と変わっていきます。冬は冷たく乾燥した空気に覆われ、夏は強い紫外線に晒されたり、お肌の荒れる原因となるものは日々変わっていくのです。

肌には本来、体を刺激から守るための抵抗力があります。この抵抗力が正常に機能していればお肌はいつも元気なのですが、現代社会には様々なストレスがあり、これがお肌が本来持っている抵抗力を弱めてしまう原因となるのです。

外敵から肌を守るには、ご自身に合ったスキンケアが必要です。

一時的に肌を綺麗にするのではなく、日々のスキンケアでは肌の正常化を心がけましょう。

ずっと元気な肌でいるために必要なのは、肌の水分量を適正値に保つ事です。人間の体の9割が水分でできていることは有名ですが、肌も例外ではありません。

きちんと肌に水分を保持すると、肌の細胞の働きは活発になり、結果として肌本来の持っている抵抗力を存分に引き出すことができるのです。

皮脂の分泌が多い油性肌の方も、水分量が足りずに肌がカサカサしてしまうことがあります。こういった場合は洗顔後化粧水などでしっかりと水分を補給し、そのあと皮脂の代わりとなるクリームや乳液で一時的に油分を補ってあげて下さい。

油性肌だから油分は補わなくていい、というのは大きな間違いなのです。

ご自身に合ったスキンケアをすることで、肌荒れは大きく改善します。日々のケアで少しずつ、肌質を改善していきましょう。

化粧ノリ改善!

化粧ののりが悪くなると、気分まで消沈してしまうことが女性にはよくあります。

それほど化粧乗りというのは女性にとって重要なもので、化粧がうまくいった日は一日機嫌がいい、なんて方もいらっしゃいますね。

しかし、化粧乗りの悪さに悩んでいる女性はとても多いのです。なぜ、化粧乗りが悪くなるのでしょう。

これには、肌のハリと深い関係があるのです。

化粧は皮膚の表面に化粧品を塗る事ですね。土台となる皮膚にハリがないと、せっかくの化粧も台無しになってしまいます。

肌に元気がないと化粧の持ちも悪く、良かれと思ってしているメイクが外見を悪化させてしまう事にもつながります。

化粧乗りに大事なのは肌のハリですが、これを高めるにはまず、肌の水分量を保つ事が先決です。日々のスキンケアにほんの少しの工夫をするだけで、化粧乗りはぐっと上がるんですよ。

肌の潤いを保つためにはまず、洗顔でお顔に付着した汚れを取り除くことから始めます。

メイク落としなどできちんとメイクを落とし、後の洗顔では肌に残ったクレンジング成分もしっかりと落とすようにしましょう。ここで重要なのが、こすりすぎないことです。

肌は刺激を受けると、保護のために皮脂を分泌します。

この皮脂は保湿の大事な立役者なのですが、過剰な分泌はメイク崩れに繋がってしまうのです。

洗顔の後はいよいよ保湿です。肌に水分をしっかりとキープするには、週に一度程度パックを使う事をお勧め致します。

お手持ちの化粧水でできるパックもありますから、是非使ってみて下さい。日々のお手入れでは実感できないほどのリッチな保湿感を味わえますよ。

しっかりと水分を補った後は、乳液やクリーム等で油膜を作り、水分の蒸散を防いで下さいね。正しい保湿スキンケアを取り入れて、お化粧乗りの良い肌を目指しましょう。

サプリメントを効果的に使おう

サプリメントは、特定の成分をまとめて摂取できるので、非常に便利かつ手軽な美容方法と言えるでしょう。バランスのとれた食生活と併せて使えれば、とても効果的です。

このような手軽さから、食生活が乱れがちな現代において、サプリメントを常用する方が増えています。

しかし、多くみられるのが、食生活で補えない成分をサプリメントの力で補おうとしているケースです。

体には栄養を吸収するしくみがあり、他の様々な栄養素と合わさって始めて体に吸収されます。つまり特定の成分だけをサプリメントで摂取しても、うまく吸収されずに体外へと排出されてしまうのです。

これではサプリメントを飲んでいる効果が激減してしまい、勿体ないですよね。

肌のお手入れも大事ですが、お手入れの効果をしっかりと実感できる体質作りもとても重要です。スキンケアの効果を高めるために栄養をしっかりととったり、適度な運動をすることはとても効果的なのです。

サプリメントを飲む前に、バランスのとれた食生活を目指す事をおすすめします。

心がけひとつで、食生活はがらりと変わるものです。毎日完璧に必要な栄養を摂取するのは難しいですし、栄養士でもない我々がそれを目指すには結構な労力が必要になってしまいます。

栄養面での生活改善の第一歩としては、果物を摂るように心掛ける事が現実的かつ効果的です。果物には複雑なビタミンやミネラルが豊富に含まれており、栄養の吸収率も高いからです。野菜より気軽に摂取できるのも長続きの秘訣です。

しかし、サプリメントは手軽である半面、飲用のタイミングやご自身に適した摂取量を知ることが少々難しいという面も持っています。上手に生活に取り入れて、より美しい生活を目指しましょう。

関連記事

  1. 自宅でできる美肌ケア

  2. 肌荒れからの敏感肌を守るためには?

  3. 肌のシミとストレスの関

  4. 女性ニキビのお手入れと対処法を考える

  5. 化粧を落とした自分の顔を見て、シミにびっくりした?

  6. 肌に合ったニキビ対策をしよう

  7. 加齢と共に肌のお手入れはしっかりと

  8. ニキビにならないための肌のお手入れはこれ!

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ダイエットで失敗しないための注意点
  2. 自分のダイエット法に自信がありますか?
  3. 自宅でできる美肌ケア
  4. 肌に合ったニキビ対策をしよう
  5. 肌のシミとストレスの関

人気記事ランキング

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP