注目の記事 PICK UP!

女性ニキビのお手入れと対処法を考える

ニキビに悩む人は実に多く、その悩みの程度は人それぞれです。肌にポツポツとできる程度の人もいれば、顔全体に赤みが広がってしまう人もいます。

目立つ部分の炎症ですから、気になってしまう方も多いと思います。セルフケアで炎症を抑えようとしても、なかなかうまくいってくれませんね。

ニキビは肌の疾患です

ニキビは肌の病気ですから、肌の具合に合ったケアが必要なのです。ニキビが酷くなると痕になり、肌から消えにくくなってしまいます。

セルフケアでニキビが悪化してしまうと、皮膚は黒ずんだりへこんだりしてしまいます。こうなると肌にニキビの痕が残ってしまうので、完全に治すのは難しくなってしまいます。

そうなる前にきちんとしたお手入れを施し、できるだけ穏便にニキビケアを進めましょう。

もしセルフケアで肌が悪化してしまったら、早めに皮膚科の病院に行って専門家に診てもらいましょう。
ニキビは肌の病気であるため、医師がきちんと診断をしてくれます。

診断の結果、肌の具合に応じて、あなたにぴったりのお薬を処方してくれるでしょう。

自分でできることも多々あるのですが、日々のケアで改善が見られない場合、専門家に頼むのも賢い方法です。
専門家は肌の具合から見た、あなたにぴったりのニキビ対処法を教えてくれるでしょう。

薬でも肌はよくなりますが、やはり決め手となるのは日々のケア方法です。

医師のアドバイスをうまく活用して、しつこいニキビを撃退しましょう。

ニキビの原因はアクネ菌

洗顔をきちんとしているのに、なかなかニキビが消えない・・・。こんな悩みを抱えている人は多くいらっしゃいます。
ところで、お顔には「常在菌」というものがいるのをご存知ですか?
この菌は皮膚の上でバランスを保ち、外気などの細菌と戦ってお肌を守る役割をしています。

常在菌は本来は、肌を守るために存在しているのですが、一度バランスを崩すと肌を傷つける害のある菌となってしまいます。

皆さんが日ごろ使っている枕やフェイスタオルなどに、ニキビの原因となる「アクネ菌」が移っているというのをご存知でしょうか。

肌に触れるものすべてに、顔の細菌が移っていると考えてよいでしょう。

ファンデーションのスポンジやお化粧のパフなどにも、大量のアクネ菌が移って繁殖しているのです。

いくら洗顔で顔を綺麗にしているつもりでも、身の回りのものにアクネ菌が繁殖していたら元も子もありません。
目には見えませんが、細菌は常に繁殖しているのです。

洗顔もそうですが、身の回りのものをこまめに洗う週間をつける事が大事です。

でも安心してください。肌にニキビを引き起こす原因となるアクネ菌は、消毒によって減らすことが出来ます。

肌の荒れが気になる方は、洗顔後に軽く顔を消毒することをお勧めします。消毒成分の配合された化粧水なども販売されていますので、日々のお手入れに一手間かけてみてはいかがでしょうか。

アクネ菌は異常繁殖することで毛穴の中に炎症を起こし、ニキビの原因をつくります。
本来は肌の害となる菌と戦ってくれる菌なのですが、増えすぎるお肌の刺激となってしまうのです。

アクネ菌が増えすぎないよう、日ごろから身の回りのものを清潔に保つよう努力しましょう。

ニキビにならない体を作ろう

ケアしてもケアしても繰り返すにきびに、肩を落としてしまう人もいるのではないでしょうか。

肌のケアをきっちりとしているつもりでも、しつこく繰り返されるのがニキビの特徴です。肌の上だけのケアではにきびを防ぎきれないことも、にきびの厄介な点の一つですね。

スキンケアを欠かさずしてもニキビが良くならない場合にお勧めしたいのが、体の中からニキビを治す方法です。

体は細胞の集まりです。肌も例外ではなく、細かく見ると肌は水分たっぷりの細胞で出来ているのです。この水分に着目してみましょう。

人間はのどが渇くと自然に水が欲しくなります。

これと同じで肌も水分不足になると、水分がほしくなり、肌が本来持っている抵抗力をなくしてしまうのです。こんな状態でニキビ菌をもらってしまうと、肌は一気に荒れてしまいます。

体内からのケアで、肌の本来持つ力を高めておきましょう。ニキビ菌に負けない体を作ってしまえばいいのです。

栄養面ではバランスよく摂ることが基本となりますが、摂り過ぎ注意のものとしてはコショウなどの刺激物、油分、糖分等が挙げられます。

これらの物質は摂取しすぎると体で分解されず、刺激物となってしまうのです。

また糖分の摂りすぎは、肌の糖化につながり、角質の滞留を招いて直接的なニキビの原因となってしまいます。

注意すべきことは多々ありますが重く構えすぎずに、最初はほんの小さなことからはじめてみましょう。体質の改善には、日々の小さな積み重ねこそが重要なのです。

ニキビを効果的に防ごう

しつこいニキビをなんとかしようと、世の中には沢山の商品が出回っています。

色々な商品の中で自分に合ったものを見つけるのは大変ですが、これだ!と言える基礎化粧品がある人はその化粧品を武器にニキビと戦っていきたいものです。

しかし、自分に合った化粧品が見つからず、路頭に迷ってしまう人も多くいると思います。

色々試してみたけど、自分にあったものがいまいち見つからない・・そんな声は非常に多いのです。

合わない化粧品のセルフケアでコンディションの整っていない肌では、雑菌は非常に繁殖しやすくなっており、一度できたニキビは治癒しても繰り返し肌に現れてしまいます。

ニキビは肌の炎症ですので、一度できてしまうとそれは立派な「怪我」と同じだということを覚えておいてください。

肌に傷ができてしまうと、傷を温床に雑菌が繁殖し、顔の状態はみるみるうちに悪くなっていきます。

こうなってしまうと治療には時間と労力がかかり、完全な治癒は難しくなってしまうのです。ニキビが顔にできてしまってからケアするのではなく、ニキビを予防することこそが重要かつ効果的なのです。

ニキビの予防には様々なものがありますが、全体的なお肌の状態改善には体質改善が有効的です。

体質改善というと敷居が高く感じてしまいがちなのですが、そんなことはありません。

生活の基本となる食生活や睡眠に気を遣って過ごすと、あんなにもしつこかったニキビがパッと良くなったりするものです。

肌はターンオーバーという生まれ変わりを繰り返して生きています。このターンオーバーを整えるには、十分な栄養と睡眠が必要です。

ストレスなどの外部刺激も大きく関わってきますので、体質改善をきっかけにご自身の生活を一度見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 肌のシミとストレスの関

  2. 肌荒れからの敏感肌を守るためには?

  3. 肌に合ったニキビ対策をしよう

  4. 自宅でできる美肌ケア

  5. 加齢と共に肌のお手入れはしっかりと

  6. ニキビにならないための肌のお手入れはこれ!

  7. 化粧を落とした自分の顔を見て、シミにびっくりした?

  8. 加齢と肌のお手入

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ダイエットで失敗しないための注意点
  2. 自分のダイエット法に自信がありますか?
  3. 自宅でできる美肌ケア
  4. 肌に合ったニキビ対策をしよう
  5. 肌のシミとストレスの関

人気記事ランキング

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP