注目の記事 PICK UP!

ニキビにならないための肌のお手入れはこれ!

日々のお化粧など、さまざま刺激により分泌が過剰になると、お肌がべた付く原因となってしまうのです。これはニキビの原因となるので、しっかりと取り除く必要があります。

顔のベタ付きとニキビ

女性にとって、顔のべた付きは非常に気になるものですね。朝起きて、化粧をいくらしっかりしても、お昼休み頃になると顔のテカリが気になってしまうものです。

皮脂の分泌は体の免疫機能によるものなので、なくすことは出来ません。また皮脂は皮膚の水分量を保つ役割をしているので、本来は皮膚にとって無くてはならないものなのです。

しかし日々のお化粧など、さまざま刺激により分泌が過剰になると、肌がべた付く原因となってしまうのです。これはニキビの原因となるので、しっかりと取り除く必要があります。

皮脂の分泌が過剰になる原因としては、肌の水分量低下が挙げられます。

肌は水分の蒸散を防ぐために皮脂を分泌しますので、水分不足なおには皮脂が過剰分泌されやすくなるのです。水分パックなどでしっかりと水分を補給し、適正な皮脂の分泌を保ちましょう。

また、皮脂の分泌は男性ホルモンによって促されます。

男性ホルモンは男性だけのものではなく、女性にも分泌されるホルモンなのです。女性の男性ホルモン分泌量が多くなるのは一般的に16~20歳といわれており、この時期はニキビが出来やすいといえます。

また時期だけではなく、精神状態によっても男性ホルモンの分泌は起こります。

ストレスなどの外的環境の悪化により自律神経のバランスが崩れてしまうと、女性は攻撃的になります。交感神経といわれる人間の神経機能が興奮状態になることで、人は攻撃的になります。

攻撃的な状態が続くと男性ホルモンが分泌されるので、皮脂が出やすい状態となってしまうのです。

悩みや揉め事の尽きない世の中ですが、時には肩の荷を降ろしてリラックスするように心がけましょう。ストレスを上手に発散させることも、大切なニキビ予防となることを忘れないでくださいね。

紫外線とニキビ

紫外線は肌の大敵です。日焼けの原因のほかにも、シミやしわの原因になったり、色素沈着作用によってそばかすが出来たりもします。

紫外線が影響を与えるのは以上の症状だけではありません。紫外線によってニキビも悪化してしまうのです。

ニキビの主な原因は毛穴の炎症であり、毛穴が角質と皮脂によって詰まり炎症をおこした状態の事を指します。

毛穴に角質が詰まる原因としては、肌のターンオーバーの乱れが挙げられますが、これは体内の「活性酸素」というものが過剰になってしまうために起こるものです。

そしてこの活性酸素は、紫外線によっても生成されてしまうのです。紫外線がニキビの原因となるのは主にこのためです。

また、紫外線によってダメージを受けた肌は本来持っているはずの防御機能を失ってしまうので、水分の蒸散を防ぎきれず乾燥肌になったりもしてしまいます。

肌のコンディションが正常でないときはニキビなどの炎症も起こしやすいので、紫外線による肌へのダメージは計り知れないものです。

炎症を起こしている肌に紫外線が降り注ぐと、色素沈着を起こしやすくなります。

また、今ある炎症を悪化させてしまう可能性もあるので、ニキビの気になる肌はできるだけ紫外線を浴びないように気をつけたいものです。

紫外線対策としては日焼け止めを用いるのも有効ですが、日焼け止めの紫外線吸着剤は肌の負担になることがありますので、ご自身の肌に合った日焼け止めでケアすることをお勧めします。

日焼け止めを使った日には、クレンジングもしっかりするようにしましょう。

肌に負担の少ない紫外線防止策は、ずばり日傘です。日傘は直接お肌に触れずに直射日光から守ってくれるので、にきびの気になるお肌には最適な紫外線対策といえます。

しかし、日傘では防ぎきれない「照り返し」による紫外線もあるので、ビルや道路の照り返しには長く晒されないように気をつけて下さいね。


日々の紫外線対策で、ニキビに負けない肌を作っていきましょう。

ストレスとニキビ

ストレスがたまると、人の体は抵抗力を失います。これはストレスニキビのできる大きな原因となります。ニキビは毛穴に汚れがつまり、その部分が炎症を起こすことで発症する病気です。

ストレスは様々な作用で毛穴のつまりを引き起こし、肌のニキビとなって現れるのです。

代表的なストレス性ニキビの原因としては、ストレスによってターンオーバーが乱れ、古い角質が毛穴に詰まることです。

女性の肌は28日周期で生まれ変わっていくのですが、ストレスなどの刺激によってこのサイクルが乱れると、死んだ細胞がうまく剥がれず皮膚に残ってしまうのです。

これはニキビの原因になるだけでなく、肌全体のくすみやシワにも繋がってしまう厄介なものです。

ターンオーバーを正常にするには、まず十分な睡眠が必要です。睡眠は肌だけでなく体全体にとても良い影響を与えるので、できるだけしっかりと取ることを心がけましょう。

睡眠の量も大事ですが、質も大事です。

深く眠れるよう、お風呂にしっかり入るなどして、質の良い睡眠をとるための努力は欠かさずにしたいものです。

ストレスのない生活が理想的なのですが、現実はそうもいきませんよね。ストレスに囲まれて生活する現代人にとっては、ストレスを避けることよりも、いかにストレスを発散し体に溜め込まないかが重要となってきます。

ストレスの発散方法は人それぞれで、鉄則というものはありません。ご自身に効果的なストレス発散方法を見つけて、日々実行するように心がけましょう。

アンチエイジングのあれこれ

世の中には膨大な種類の基礎化粧品があります。

商品それぞれには「ニキビケア」「乾燥肌対策」「年齢肌対策」等々、様々な効能がありますね。

そんな基礎化粧品の中でも、近年「アンチエイジング化粧品」という言葉をよく耳にします。ではアンチエイジングとは一体何の事を指すのでしょうか。

直訳するとAnti(抵抗する)-Aging(加齢)つまり、年齢に抵抗するという意味です。

この単語は今日世の中にあふれており、年齢肌対策には欠かせないキーワードとなってきています。

アンチエイジングをするには、具体的にどうすればよいのでしょう。

年齢対策として日々の生活習慣を改善したり、特別な薬品を用いたり。アンチエイジングには様々なアプローチがあります。

アンチエイジングという考え方は比較的新しいものですので、様々な専門家たちが効果的な抵年齢の方法を日々研究しているのです。

世の中には様々なアンチエイジングに関する情報があふれています。

あれもこれもと様々な事に取り組むのではなく、まずは気軽にできることから少しづつ始めていきましょう。アンチエイジングは、生涯大きなテーマになります。

リラックスして、ケアを長続きさせていくことが非常に重要なのです。

アンチエイジングという考え方は、外見だけのお手入れを指すのではありません。内面からの美しさを磨くという大きなテーマを抱えているのです。

ご自身に合った方法を生活に取り入れて、心も体も若返るような、素敵な日々を送りましょう。

関連記事

  1. 化粧を落とした自分の顔を見て、シミにびっくりした?

  2. 女性ニキビのお手入れと対処法を考える

  3. 肌のシミとストレスの関

  4. 肌に合ったニキビ対策をしよう

  5. 肌荒れからの敏感肌を守るためには?

  6. 自宅でできる美肌ケア

  7. 加齢と共に肌のお手入れはしっかりと

  8. 加齢と肌のお手入

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ダイエットで失敗しないための注意点
  2. 自分のダイエット法に自信がありますか?
  3. 自宅でできる美肌ケア
  4. 肌に合ったニキビ対策をしよう
  5. 肌のシミとストレスの関

人気記事ランキング

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP