注目の記事 PICK UP!

脚痩せダイエット

サイト管理者の「ジャム」と言います。歳を重ねても、美しさを追及している、今は昔のイケジョ?かも。(笑)

このサイトは、人はいつまでも、健康でキレイでありたいもの。そんなあなたのための、楽しく過ごす、道しるべ!毎日を健康でキレイに楽しく過ごす、6つのヒントがいっぱいの情報サイトです。

少しでもあなたの日々の悩みに対する情報をお届け出来れば、幸いです。

脚痩せには水中ウォーキングも効果的

脚痩せのために運動では、水中ウォーキングも効果的です。

水泳ももちろんいいのですが、泳げない人の場合はやはり水中ウォーキングでしょう。ウォーキングをただ水中でするというだけの簡単な運動ですが、これだけでもかなりの脚痩せ効果があります。

というより、全身が痩せるのですが、その中でも推進力の源となっている足には当然一番の負荷がかかります。それによって筋力もどんどんついていきますから、脚痩せにも非常に高い効果が期待できます。


普通の陸上で水中ウォーキングと同じレベルの負荷をかけようとすると、かなりの速度で歩くか、あるいはジョギングをするということになります。

もちろん、これらでもいいのですが、この場合年配の方だとケガをしてしまう可能性があります。

何かにぶつかりそうになった時よける反射神経が落ちていますし、捻挫などに対する耐性も若い人より弱いですから、ウォーキングやジョギングで強度をあげようとすると、年配の方はケガをしてしまう可能性があるのです。

その点、水中ウォーキングであれば誰かとぶつかるということもありませんし、ぶつかってもケガにはなりません。また、捻挫するようなハイスピードで動くこともできないので、このような体力的なケガも起きません。

つまり、安全かつ効果の高い運動の方法として、水中ウォーキングがあげられるわけです。

脚痩せの際にも水中ウォーキングを導入するということは特に効果的な選択肢の一つということができるでしょう。

脚痩せには縄跳びも効果的

脚痩せのための運動には、縄跳びも効果的です。

効果的な理由はいうまでもないでしょう。足でずっと飛んでいるわけですから、当然足の筋肉も発達します。血流もよくなるので自然と足の贅肉が落ちていきます。

縄跳びをしていると、何か高度な飛び方をマスターしなくてはいけないとか、引っかからずに飛ばなくてはいけないんどの強迫観念を感じてしまう人もいるようですが、あまりそのような技術にこだわる必要はありません。

目的はあくまで脚痩せなのですから、適当でもいいのでできるだけ長時間続けて、たくさんカロリーを消費した方がいいのです。

縄跳びに限らず有酸素運動はすべて長時間続ければ続けるほどカロリーをたくさん消費できるようになっています。

縄跳びは特にケガをするということはありませんが、持ち歩いている時に足に引っかかって転ぶということもあるので、持ち運びの時は丁寧に結んで持ち歩くようにしましょう。

その他では、特に過激な飛び方を練習するというのでなければケガをする心配はいっさいないため、脚痩せのための運動の中でも特に安全な部類といえます。

とりあえず、最初のうちはしょっちゅう引っかかって当然ですので、あまり気にせず回数をひたすら増やすようにしましょう。

何度引っかかってもいいので、つづけているうちに回数が増えてくるという経験が重要です。毎日の数値目標を達成しているうちに、いつの間にか脚痩せという結果がついていきていることでしょう。

脚痩せには歩き方の改善も効果的

脚痩せには歩き方の改善も効果的です。

歩き方なんてあるのかと思われるかも知れませんが、ばっちりあります。普通の歩き方というのは、ベタッと足をつけてそのままよっこいしょと足を持ち上げるような、言ってみれば象さんのような歩き方です。

これに対して正しい歩き方はどういうものかというと、つま先あるいはかかとのどちらかから先に着地して、ベタッと全体で着地するということをしません。

そして、地面を蹴る時もよっこいしょと持ち上げるように足を上げるのではなく、つま先で強く地面を蹴るようにして足を運びます。

これによって何が変わるかというと、足の動きのなめらかさです。

上に書いた説明でもなんとなくイメージしてもらえるかと思いますが、ベタッと着地する歩き方は、まるで足でスタンプでも押すかのようで非常に不格好です。実際にはここまで極端ではないのですが、ぶくぶく太った方の歩き方を見ていると、なんとなくわかるかと思います。

また、地面の蹴り方も同じです。モデルさんなどのさっそうとした歩き方を見ていると、やはり地面を適度に蹴っていることがわかります。

もちろん、陸上選手のように思い切り蹴っていることがわかるような蹴り方ではないのですが、さりげなく美しさをい保ちながら蹴っています。

このような歩き方を身につけると、歩くことが楽しくなりますし、筋肉をある程度意識しながら歩いているので、同じ距離を歩いてもより多くの筋肉がつきます。なのでぜひ試してみて下さい。

脚痩せのために、ミニスカートを履く

脚痩せをしたいならできるだけミニスカートを履くようにするというのも重要です。

足が太いから見せたくないと思うかも知れませんが、あえて太いうちから出していく方が早く脚痩せを実現することができます。

確かに太い足でミニスカートを履くというのは恥ずかしいかも知れませんし、特に男性から「太い足でミニスカート履くなよ」と思われてるかもしれない、と思うとつらいものがあるかも知れません。

しかし、意外と人はそんなことは思っていないものです。

足がきれいな女性のミニスカートには目がいきますが、太い女性が履いていても「太いな」と数秒思うだけで、特に何かしら攻撃してくるということはありません。

友達と陰口を叩くような陰湿な人がいたとしてもせいぜい数秒の出来事です。人間は他人のことなどあまり考えていないものです。

なので、そうしたマイナスの人目は気にせず、まずはミニスカートで自分の足を晒すという痩せるための強制力を生み出すといいでしょう。

いくら人から攻撃されないとはいっても、やはり女性であれば太い足でミニスカートを履くというのは恥ずかしいので、痩せなければというモチベーションがより強烈なものになります。

最短で痩せたいというのであれば、そうした覚悟が必要でしょう。

そこまでの覚悟はまだないという場合でも、先にミニスカートだけ買っておくというのもありです。先に買っておくだけでもそれを見るたびにそれを履いている自分の姿がイメjいできるからです。

脚痩せのために、体を冷やさないようにする

体を冷やさないようにするということは脚痩せの基本です。

脚痩せのためには足を見せるのがいいということで、ミニスカートを履いたりショートパンツを履いたりするのがいい、ということはよく言われますし、これも事実です。

ただし、こうした格好をしているとそれだけ体が冷えやすくなるので、その対策もしっかりと考える必要があります。

一番いいのは日頃から運動をして常に高体温でいられる体をつくることです。

人間の体温というのは生まれつき決まっているものではなく、その人の運動習慣などによって変わります。運動によって体温が上がっている時間が長い人は、普段の体温もそのまま高くなる傾向があります。

もちろん、これだけでは限界があるので、その他の対策によっても体温が下がらないようにする必要があります。

例えば、飲食店では冷たい飲み物を頼まない、などです。夏でもホットコーヒーを頼むというくらいの習慣が必要でしょう。夏は大抵どんな店でも冷房がきつくかかっているものなので、ホットコーヒーでも熱くなどないはずです。

と言うように、あらゆる場面で体ができるだけ冷えないようにしておけば、露出度の高いファッションをしていても体が冷えるということはありません。

そうした備えをした上でミニスカートを履いたりショートパンツを履いたりして、できるだけ美脚を人の目にさらすようにしましょう。

そうして舞台に上がることで、人間の外見やスキルというのはどんどん磨かれていくものだからです。

関連記事

  1. エアロビクスでダイエット!?

  2. ダイエットで失敗しないための注意点

  3. アロマテラピーで脚痩せダイエットができる!?

  4. ヨガで脚痩せをしよう!

  5. 自分のダイエット法に自信がありますか?

  6. エアロビクスはダイエットにオススメの運動です!

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ダイエットで失敗しないための注意点
  2. 自分のダイエット法に自信がありますか?
  3. 自宅でできる美肌ケア
  4. 肌に合ったニキビ対策をしよう
  5. 肌のシミとストレスの関

人気記事ランキング

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP