注目の記事 PICK UP!

脳を活性化させる記憶術

眼球運動のトレーニング

使えば使うだけ活性化される私達の脳。

使えば活性化されて脳のシワも数もアップするけれど、使わなければシワがどんどん減ってしまうのも脳なのです。

いくつになっても「頭の回転が早い人」と言われるためには、ぜひ脳にいろいろなトレーニングを施して能力アップをしたいものです。

能力アップトレーニングの中でも、誰でも簡単にできて、いつでもどこでもできるトレーニングが眼球運動です。

眼球運動にもフーピング、コラムサッケード、タングラム、ペグボードなど、いろいろな種類がありますが、たくさん並んでいる文字の中から特定の物を見つけて丸をつけていく、ミシガントラッキングと呼ばれるトレーニングは、楽しみながらできるのでぜひおススメです。

手先を動かすパズルや積み木なども、手先と眼球のコンビネーションで脳を活性化できるそうです。

SUDOKUなんかも良さそうですし、お子さんと一緒に「あっち向いてほい」なんかも脳が活性化されるそうですよ。

眼球運動で脳を思い切り活性化させませんか?

頭がよくなるサプリメント?

「飲むだけで頭が良くなる」なんて嬉しすぎるサプリメントがあったら、ぜひ試してみたくありませんか?

いろいろなトレーニングによって脳を活性化するとともに、体の内側からも効果的に頭を良くできるサプリメントを摂取する事ができます。

頭が良くなるサプリメントには、

・脳を活性化するタイプ
・アンチエイジングの効果があるタイプ

と言うものがあるそうです。

具体的にどんなサプリメントがおススメなのかと言うと、ビタミンBやD、カルシウム、亜鉛、マンガン、ナイアシン、コリン、イノシトールなどが、代表的な成分として知られています。

これらのサプリメントは毎日定期的に摂取してももちろんOK。でも、脳が疲れている時に摂取すると、効果をマックスで享受できるので、効率的に脳を活性化する事ができます。

疲れきった脳を再びやる気にさせてくれるサプリメントたちによって、脳をリラックスしながら活性化してみてはいかがでしょうか。

勉強や仕事の効率もアップする事は間違いなさそうです。

脳を活性化し、IQを劇的にアップしたい方はこちらがおススメですよ!

論理的思考を鍛える

脳を活性化するためには、なんといっても脳をフル活用して使うことが大切です。

「疲れているから面倒だな」なんて考えたくない時でも、できるだけ物事を考えるようにする習慣をつけると良いみたいですよ。

脳を活性化するために「考える」作業をする時には、論理的な思考で考えることが大切。

頭の中に浮かんでくるバラバラのことを順番に整理しながら、論理づけて順序だてながら考えるようにするのがポイントです。

脳が疲れてきたり老化が進むと、物忘れもおきやすくなってしまいます。

「何か忘れている気がするな・・」とモヤモヤしている時には、「まぁいいか」と気を取り直すのではなく、何を忘れているのかをじっくりと思い出すように、努力する習慣をつけるのもおススメです。

脳の中にあるいろいろな引き出しを順番に空けたりしながら、一つ一つきちんと解決していく事が、脳を活性化することにつながるわけですね。

考える習慣をつけて脳を活性化しましょう!

知覚能力の訓練で神経を鍛える

脳を鍛える方法にもいろいろありますが、近くを使った訓練はダイレクトに脳に働きかけてくれるのでぜひおススメの方法です。

最も簡単なのが、「モノを見る」作業。

「モノを見るなんて、誰でもしてるじゃないか」と言う声も聞こえてきそうですね。

でも、目を開けていることでボンヤリと風景が目に入ってくるという「見る」は多くても、特定の物に精神を集中させて、じっくりと細かい部分まで見るような「見る」作業を毎日している人はそれほど多くないはずです。

遠くの景色を見る時でも、電車の中から外を見る時でも、何かに集中してジックリ見てみてください。それだけでも脳にとっては十分に活性化される要素になるはずです。

知覚を刺激してくれるパズル、美術鑑賞、絵を描いたりする作業も、知覚神経が鍛えられるのでおススメですし、指先を動かすことで脳を刺激するピアノやバイオリンなどの演奏なども、大きな効果が期待できるようですよ。

目を鍛える事で脳も活性化させる方法を知りたい方に、ぜひ試していただきたいのがこちらのレポートです!

右脳と左脳のトレーニング

私達の脳はとっても神秘的です。一般的な人は脳の5%程度しか活用していないといわれていて、まだまだ開拓できる可能性が無限大に広がっています。

右利きの方は顕在意識をつかさどる左脳をよく使う傾向にあり、左利きの方は潜在意識をつかさどる右脳を使う傾向にあるといわれていますが、トレーニングをする事で右脳も左脳も自由自在にできることはご存知ですか?

右脳を鍛える事は、直感や創造的なスキルをアップすることができ、左脳を鍛える事は論理付けて物事を考える能力を
身につけることができるといわれています。

右脳をを鍛えるためには、左手を意識して、よく使うようにするのが良いみたいです。

他にも、音楽を聴いたり空間構成などに関わることで、右脳を鍛える事ができるといわれています。

一方、左脳を鍛えるためには、右手をよく使って作業をするように心がけたり、計算や数学などをたくさんこなすようにしてみたり、また、理論づけて考えたり時間的な流れを大切にしながら、物事を考えるようにするのが良いみたいです。

右脳も左脳もバランスよく鍛えて脳の活性化を目指したい方はお見逃しなく!

丹田呼吸法を身につける

丹田呼吸法ってご存知ですか?

私達人間が無意識のうちに行っている呼吸を利用して、脳を活性化する事ができる呼吸法としても知られている丹田呼吸法は、「腹式呼吸」をもっと深く追求した呼吸法のことです。

丹田呼吸法を身につけるためには、まず、息を吸った時にお腹が膨らみ、息を吐いた時にお腹が凹むことを意識して何回か練習してみてください。

簡単そうで意外と難しい呼吸法なので、もともと自然な状態でこの呼吸法をしている人はとても少ないはずです。

丹田呼吸法をマスターするためにはまず、息を吸う時には口ではなく鼻を使って、ゆっくりと空気を吸い込みながら、少しずつお腹を膨らませてください。

そして息をはく時には、口を尖らせて少しずつ息を吐き出しながらお腹を少しずつへこませ、下腹の腹筋が硬くなるぐらい息をはき出しきるのをイメージすると良いみたいです。

丹田呼吸法をマスターすることで脳を活性化するとともに、体のエネルギーも充電しませんか?

速読と速聴の基本

一文字一文字じっくりと文字を読むのではなく、写真を脳裏に焼き付けるような感じでスピーディに文字を呼んでいく速読。

そして音声を高速スピードで聞くことで、脳細胞の一つ一つに刺激を与えながら内容を理解する事ができる速聴。
どちらも、得意な人もいればあまり得意ではない方もいると思います。

速読の基本は、「速読」と「読書」を切り離して考えることです。読書は内容を理解しながら頭の中でイメージを浮かべながら、楽しんで読む作業のことですが、速読は、神経を集中させて書かれている文字を脳裏に焼き付けるためのテクニックです。

速聴も同じで、リラックスしながら何かを聞くのではなく、内容を聞き取る事だけに全神経を集中することで、高速スピードでも内容を聞き取ることができるだけでなく、脳の活性化にもつながります。

どちらも基本は「集中」することです。集中するので速読や速聴の後にはどっと疲れてしまいます。

集中力を高めて脳を活性化したい方にもぜひおススメですね。

ストレスを感じたら脳を休める

体がすごく疲れているときって、全力で走ろうと思ってもなかなか全力疾走できません。

脳もそれと同じです。脳が疲れているときにはどんなに集中して何かに取り組もうと思っても、なかなか脳をマックスに働かせる事はできません。

集中して仕事や勉強をしたり、ストレスを感じたりしたら、まずは休憩して脳を休ませてあげる事が必要です。

目安としては、1時間集中したら5分の休憩。「そんなに疲れていないから」と休憩を省略したりせずに、5分間は目を閉じて瞑想にふけったり、リラックスしたりして脳を休めてみてください。

休憩の後には驚くほどに脳が活性化されて、集中力もマックスに回復できるはずです。

気分転換に外の新鮮な空気を吸うだけでも、脳にとってはリラックスする事ができるので効果的ですし、リラックス音楽などに耳を傾けるのも、大きなリラックス効果が期待できるようです。

もちろん、目を閉じて自分の世界に浸るのもOKです。

ここには脳を適度に休ませる方法が満載です!

長期記憶と海馬扁桃体の関係

私達の脳はもともと、物事を忘れてしまうように作られています。

例えば、メモを見ながら電話した電話番号をそのまま何日間も何週間も、覚えているなんて人は少ないものです。

もちろん、その番号が大切な電話番号なら話は別ですが、そうでない場合には私達の脳が「記憶する必要なし」と判断して忘れてしまいます。

この数分間程度しか覚えていることができない記憶は、短期記憶と呼ばれています。

しかし、長期記憶とは、20分以上ずっと忘れずに覚えていることができる事柄で、私達の脳裏にデータとして刻み込まれ、必要に応じて引き出されてきます。

この長期記憶と大きな関係があるのが海馬と扁桃体なのです。

脳の中では記憶と言う大切な役割を担っている海馬。そして、扁桃体は海馬と影響しないながら好き嫌いや快感・不快感など、気持ちや感情をつかさどっている部分として機能しています。

ハマルと楽しい頭脳ゲーム。

楽しみながらゲームができるだけでなく、ゲームを通して集中力を養ったり考える力をつけたりして、脳を活性化する事ができるので、老若男女を問わずにお勧めのゲームです。

ボードゲームなどもあればビデオゲームなどもあって、いろいろな種類がラインナップされています。

この頭脳ゲーム、楽しいので自分がゲームの間どのぐらい集中しているのか、意識する事は少ないかもしれません。

でも、実際にはかなり神経を集中していることが多く、長い時間熱中したりすると、その後に疲れがどっと押し寄せてきたり、興奮して夜眠れなくなったりする事もあるようです。

頭脳ゲームにはまりすぎて、朝から晩までその事ばかり考えるほど熱中していると、脳の中にそのゲームに関する領域が作られる事もあるのだとか。

そうすると、夢の中にもゲームが登場したりしますし、無意識のうちに頭の中でゲームのことを考えていたりするような症状が起きるのだそうです。

上手に頭脳ゲームにハマって集中力を高めませんか?

関連記事

  1. コミュニケーション能力を高めるためには

  2. カビの汚れ落としは簡単!予防とその対策は?

  3. ゴキブリを退治する一番良い方法とは?

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ダイエットで失敗しないための注意点
  2. 自分のダイエット法に自信がありますか?
  3. 自宅でできる美肌ケア
  4. 肌に合ったニキビ対策をしよう
  5. 肌のシミとストレスの関

人気記事ランキング

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP