注目の記事 PICK UP!

ゴキブリを退治する一番良い方法とは?

気温が上がり暖かくなってくると、とても清々しい気持ちになります。新緑からの季節は、私たちにとって一番いい季節になってきます。

しかし、これはゴキブリの世界でも同じです!ゴキブリは、寒さにはとても弱く、7℃くらいで成長が止まり、生きていくことが出来ません。だから、ゴキブリたちは冬は嫌いなのです。

そのため、生きるためには私たちの家に、思いがけない場所から侵入して来るのです。そして、一度住み着いてしまうと根絶はできないと言っていいほど、難しくなってしまいます。

ゴキブリは、程よい温度と湿気がある場所が大好きなのです。だから、家の中に住み着いてしまうのです。

寒い時期は、室内のどこかに隠れて、じっと暖かくなるのを待っています。そして、気温が上がり、いい季節になると、行動を始めます。

これって、人間と同じかも!?(笑)

見ただけでも嫌なゴキブリ!このゴキブリを何とか退治して、家の中から追い出したい!!誰しもそう考えますね。そのゴキブリ退治について、考えてみたいと思います。

ゴキブリの性質とは?

ゴキブリが家の中にいる原因は、外から侵入して来ます。そして、室内で増えていくのです。

新築の家やマンションでは、まずゴキブリを見ることがありません。しかし、月日が経つうちに、ゴキブリに遭遇します。原因は、外から侵入してくることです。そして、家の中に住み着き子孫を増やしていくのです。

でも、外から侵入させないようにすることは、不可能に近いことです。と言うことは、子孫を増やすことを抑えることです。そのためには、ゴキブリはどんな動きや行動を取るのかを知っておく必要があります。

ゴキブリは、本能に任せてただウロウロ動いているわけではありません。行動パターンと言うものがあるのです。

それは、

◆ 生きるために食べ物を求めて動く

◆ ウロウロすることで家の中を覚える(追いかけられた時の逃げ道を知るためなど)

◆ 子孫を残すために動く(雌を追いかける)

こんな所でしょうか?

そして、ゴキブリの臭覚は、犬と同じようにとても優れているそうです。食べ物を探すために、台所やお風呂さまざまな所に出没します。そして、食べ物にたどり着きます。

例えば、缶詰のカンを良く洗わずビン・カン用の袋に投げ入れておくと、ゴキブリがたくさんやってきます。ぞぞ~!!ですね。

1度食べ物がある場所を覚えると、そこに頻繁に出没するようになります。気持ち悪いですね。

また、ウロウロ動くことによって、家の中がどうなっているかを知ります。食べ物がある場所、大好きな湿気のある場所、寒くない暖かい場所などです。

また、人間に出会って、追いかけられると逃げます。その逃げ道を覚えています。結構、賢いです。

例えば、人はゴキブリを見つけたら退治します。スリッパや新聞紙で叩いたり、殺虫剤などで追い回せば、ゴキブリと言えど、自分の身を守るために逃げます。

この行動が、逃げ道を覚えている動きになります。

更に、子孫を残すために雌を追いかけます。雌の糞には、雄を引き付ける匂いがあります。この匂いを求めて雄が行動を起こし、動き回ります。

なので、ゴキブリの糞を見つけたら、きれいに掃除をしてください。

いかがですか?こうお話しすると、単なる人間に出会ってしまったので逃げる!のではなく、自分の行動範囲を熟知している証拠なのです。

ゴキブリを見つけたら、必ず退治することです。子孫を残さないためにも、家からゴキブリを追放するためにも必ず退治したいものです。

ゴキブリが住み着く場所は?

ゴキブリは、暗くて暖かく(寒くなく)、湿気のある場所が大好きです。とお話しました。

そのために、ゴキブリが自分の棲家としている場所や、潜んでいる可能性が高い場所は、こんな所が多いです。

◆ 台所の流し部分や引き出しの中

◆ 家庭ごみを外に出すまでの仮置きしている場所(生ゴミや空き缶、空き瓶などがある場所)

◆ 洗面所や浴室の中

◆ トイレ

◆ 納戸の中

◆その他(家具の隙間や押入れの中、家電製品の影など)

とは言え、人の目の届かない場所なら家中、どこでもいると思ってください。

そこで、ゴキブリを自由にウロウロさせないために、次の事を守ってください。

◆ 夜間うろつくので、食事をしたらキチンと片付けておく。お菓子などの食べ残しを放っておかない。

◆ 同様に、空き缶や空き瓶は、きれいに洗ってゴミ袋に入れ、しっかり結んで入れておく。

◆ 湿気が大好きなので、台所は清潔にキレイに水気をふき取っておく。

◆ 同様に、浴室や洗面所は、換気をして乾燥にを心がける。

◆ 洗濯機や風呂場の中の排水溝をきれいにしておく。

◆ 家具の隙間など、時々掃除をしておく。(押入れや引き出しなども同様に)

◆ ゴキブリの糞を見つけたら必ず掃除をしてキレイにしておく。

ちょっとしたことですが、億劫になってしまうのが常。でも、気がついたときに、実行しておきましょう。

ゴキブリが寄り付かないためには?

家の中をキレイな状態に保つことが一番です。毎日掃除をしていても、家具を動かしたり押入れの中まで、大掃除並みには出来ませんね。

年に1度の大掃除の時に、清掃後、ゴキブリがうろつかないように、粉状の殺虫剤など振りまいておくといいですね。

特に納戸の中にある衣装ケースや家具などの下や隙間は、ゴキブリが住み着く絶好の場所です。その場所などに、振り撒いておくといいでしょう。

大掃除以外の日々の掃除では、前項でお話した場所を重点的に行います。大事な場所なので、繰り返します。

◆ 夜間うろつくので、食事をしたらキチンと片付けておく。お菓子などの食べ残しを放っておかない。

◆ 同様に、空き缶や空き瓶は、きれいに洗ってゴミ袋にしっかり結んで入れておく。

◆ 湿気が大好きなので、台所は清潔にキレイに水気をふき取っておく。

◆ 同様に、浴室や洗面所は、換気をして乾燥にを心がける。

◆ 洗濯機や風呂場の中の排水溝をきれいにしておく。

◆ 家具の隙間など、時々掃除をしておく。(押入れや引き出しなども同様に)

◆ ゴキブリの糞を見つけたら必ず掃除をしてキレイにしておく。

異常の場所は、定期的に掃除しましょう。毎日行えば、短時間で終了します。

ゴキブリを退治する効果的な方法は?

ここまでもゴキブリを寄せ付けない方法など、お話してきました。

ゴキブリを家から完全に退治するには、中々難しいですが、何もしないでゴキブリがイヤだと言っても仕方ありません。ゴキブリと戦いましょう!!(笑)

理想的なゴキブリ退治方法は、と言うと。

1.家の中にゴキブリを侵入させないこと。

2.家の中にいるゴキブリを全滅させる。

3.ゴキブリ全滅作戦を継続して行う。

ですが、これは中々難しいです。でも、少しずつ根気よく退治して行けば、ゴキブリの出没が減っていきますので、頑張って行ってみて下さい。

まず、1.家の中にゴキブリを侵入させないことですが、

家の中にゴキブリを侵入させたくないのですよね。しかし、ゴキブリは、ほんの2ミリ程度の隙間があれば、家の中に入ってしまいます。

家を密閉することは不可能に近いことなので、窓に網戸など一般的に出来る戸締りをしっかり実践しましょう。隙間テープを貼って隙間をふさぐなど、工夫をして下さい。

ただし、次の場所はちょっと注意をして、ゴキブリが侵入しないように対策しましょう。

◆ ベランダ部分

①エアコンの室外機の設置場所や通風口

エアコンの室外機から通じているホースから、ゴキブリが侵入してきます。排水ホースなどに、穴があれば塞いできましょう。

また、シーズンオフなど、エアコンを使わない時は室外機にカバーを覆い、テープで密封しておくといいですね。

また、通風口からの侵入もありますので、しっかりとネット等で侵入を防いでください。

②プランター設置場所

プランターの裏側は、ゴキブリがとても好んで住む場所です。作業をしている時に、開けた窓からチョロッと侵入されないよう、気をつけましょう。(笑)

◆ 換気扇や出窓などの開口部分

換気扇は油が付着しているので、ゴキブリが寄ってきます。また、出窓も解放した時に、中にはいられないよう、注意が必要です。

次に、2番の家の中にいるゴキブリを全滅させる。です。

全滅は無理としても、減らしていくことを優先出せましょう。いずれ、全滅に繋がる可能性があります。

ゴキブリを退治するのためには、市販の駆除品でも十分です。効果的に使用してみて下さい。

市販品の種類としては、

◆仕掛けを置いて退治する捕獲するタイプ

◆スプレー式の殺虫剤タイプ

◆煙で退治するくん煙殺虫剤タイプ

◆餌でおびき寄せる毒餌タイプ

などがあります。

比較的効果のあるのは、毒餌タイプです。

毒餌を食べたゴキブリは、棲み家に戻ってコロリとなります。ゴキブリは、仲間のコロリとなったものを食べる習性がありますので、棲み家にいるゴキブリにも効果があります。

棲み家の中にはメスもいますので、その毒餌の影響を受けた卵にも殺虫成分が作用して、連鎖的にゴキブリを駆除できます。

気をつけて頂きたいのが、赤ちゃんや小さなお子さん、ペットなどがいる家では、決して口に入れる事の無い様に注意が必要です。

くれぐれも気をつけて下さい。

最後に。

ゴキブリを侮らないでください。ゴキブリは、例えて言うと、頭のいい生き物です。学習能力があります。

なので、思わぬところから家の中に侵入してきます。

例えば・・・玄関先にちょっと置いた荷物に飛び乗り、家の中に。ありえます。気をつけましょう!

これから夏に向かって、ゴキブリが活躍してきます。ゴキブリに負けない様に、頑張りましょう!そして、退治です!

関連記事

  1. 脳を活性化させる記憶術

  2. コミュニケーション能力を高めるためには

  3. カビの汚れ落としは簡単!予防とその対策は?

CATEGORY

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. ダイエットで失敗しないための注意点
  2. 自分のダイエット法に自信がありますか?
  3. 自宅でできる美肌ケア
  4. 肌に合ったニキビ対策をしよう
  5. 肌のシミとストレスの関

人気記事ランキング

ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP